30代のED治療事情

ベストケンコーでは、様々なコラムが紹介されており、30代のED治療を始めた方の、専門医と患者のやり取りなどがあります。内容を読むことで、同じ環境の人たちの参考になればと考えています。

 

現在は30代でEDの治療を始めたけれども、症状を実感したのは20代のころが多く、性行為を始めることができるのだけれども、どうしても途中でダメになってしまうということです。

 

ベストケンコーなどは、このような症状でお悩みの方にぴったりの商品をたくさん取り扱っています。どれが一番合っているのかを探し出すものそれほど難しいことではありません。まずは、主成分からカテゴライズして、分けていくのがいいでしょう。

 

その次には、効果持続時間との兼ね合いがあります。いくら効果を実感することができても、効果の継続時間に不満があると、心から性行為を楽しむことができないからです。初めてのED治療では、少ない分量から徐々に多くしていくのがいいようです。

 

そうすることで、急激な副作用などが起こりにくく、体にかかる負担も少ないといわれているからです。ベストケンコーでは商品1錠では大きいと感じる方のためにぴるかったが販売されています。錠剤を半分にすることで、服用する分量を抑えることができるのです。